カゴ落ちによる損失額をシミュレーションできる「カゴ落ちシミュレーター」を公開

2016年5月10日 | 高山 晋

シェアする

本日ECサイトのカゴ落ちユーザをシミュレーション出来るツール「カゴ落ちシュミレーター」を公開しました!
カゴ落ちしているユーザがどれほどいるのか、損失額はどれくらいなのかを簡単に調べることが出来るツールです。

4fd8b4fddc45876a2015280b3895569a-1020x573

カゴ落ちシミュレーター
https://www.cart-rcv.jp/sim/

カゴ落ちとは

カゴ落ちとは、ECサイトでお客様が商品を選択し、ショッピングカートに入れたにもかかわらず、途中で買い物を中断してしまうことを表す言葉です。
せっかく集客しても途中で買い物をやめてしまうひとが多くいることがわかっています。ECサイトの平均的なカゴ落ち率は70%近くもあると言われています

カゴ落ちシミュレーターの機能

ひと月の売上高と平均単価を入力することによって簡単にカゴ落ちしている金額と弊社のカゴ落ち改善サービス「カートリカバリー」を使うことでどれくらいのカゴ落ちを改善できるのかをシミュレーションできるようになっています。
また、より詳しいデータを知りたい場合には、タグを導入していただくことで御社のECサイトのカゴ落ち損失額を出すタグを無料で発行していますのでお気軽にお問い合わせください。

ライター

大手総合広告代理店に出向し、数多くのダイレクトマーケティングの案件に携わる。サイト改善、動線設計、クリエイティブなど、コンバージョン向上施策の多数経験を積む。 2015年からは、社内の自社プロダクト開発に従事し、カゴ落ちフォローのMA(マーケティング・オートメーション)ツールである、カートリカバリーのマーケティング責任者を務める。

まずは無料のフリープランで
自社サイトのカゴ落ち状況を確認しませんか

無料カゴ落ち解析をはじめる

まずは機会損失シミュレーション

カゴ落ちメール+広告機能を最大2ヶ月間無料でお試しできる

無料トライアルはこちら

サービスに関するご質問は、お気軽にお問い合わせください

ビジネスパートナー制度についてのお問合せはこちら