カゴ落ちメール作成後の確認方法

カゴ落ちメール作成後の確認方法につきましてご案内いたします。

1. テスト配信

■テスト配信の方法

画面右上にある[テスト配信]をクリックしてください。
rcv_mail_set_05

テスト配信をしたいメールアドレスを入力後、[テスト配信]をクリックしてください。
rcv_mail_set_04

  1. ・カゴ落ち商品は最大で5つ、ランダムにて表示されます。
    この為、テスト配信は「1商品放棄者用」~「5商品放棄者用」の5つ、メールが配信されます。
    尚、テスト配信にて挿入される商品情報はランダムで表示されます。
  2. ・エラーが表示された場合はコチラをご確認ください。
    メールテンプレートの設定をONにした際に「予期しないエラー」が表示された場合
  3. ・差出人メールアドレスと配信先メールアドレスが同じ場合は、迷惑メールフォルダーに振り分けられる場合があります。

2. 実際にカゴ落ちしてカゴ落ちメールを配信

実際にサイトにてカゴ落ち(商品をカートに入れて離脱)後、メールが受信されるかご確認ください。

■ カゴ落ちをしたのに、カゴ落ちメールが受信できない場合

  1. [1]タイミングにより、設定時間よりカゴ落ちメールの受信が遅れる場合がありますのでお待ちください。

  2. [2]メールアドレスが挿入された状態(ECサイトにログイン後)でカゴ落ちをしていますか?

    メールアドレスはhttpsの環境にて挿入していただいております。
    カートリカバリーのタグをサイトの一部にしか設置していない場合で、カートがhttpの場合は「購入情報確認ページ」などhttpsの環境で離脱をしてください。

  3. [3]カゴ落ち後、設定時間内に再度サイトを訪問していませんか?

    カゴ落ちメール配信前にサイトに再訪されると、その状態で情報が上書きされ、再訪時からメール配信設定時間後にカゴ落ちメールが配信されます。
    また、カートの保持期間が●時間以内、の場合などでカゴの情報が再訪時にリセットとなりカート内データ収集タグが空で実行されるとカゴ落ちメールの配信も停止となります。

  4. [4]前回配信されたカゴ落ちメールと同じ商品IDをカゴ落ちしていませんか?

    カゴ落ちメールは同じ設定時間の場合、前回(1つ前)配信した商品IDと同じ商品IDの際はカゴ落ちメールを配信しない(スキップする)、という仕様となります。
     
      <例>
     2/1 15:00 メール設定時間:15分/カゴ落ち:「商品ID: 111」「商品ID: 222」
     →カゴ落ちメール配信済
     2/1 15:30 メール設定時間:15分/カゴ落ち:「商品ID: 111」「商品ID: 222」
     →カゴ落ちメールは配信されない(スキップ)
     2/1 16:00 メール設定時間:15分/カゴ落ち:「商品ID: 333」「商品ID: 444」
     →カゴ落ちメール配信
     2/1 16:30 メール設定時間:15分/カゴ落ち:「商品ID: 111」「商品ID: 222」
     →カゴ落ちメール配信

  5. [5]stockの値が「0」で収集されていませんか?

    stockの値につきましてはコチラをご確認ください >>

  6. [6]配信設定が「ON」になっていますか?

    配信設定「ON」につきましてはコチラをご確認ください >>

  7. [7]差出人メールアドレスと同じメールアドレスでカゴ落ちをしていませんか?

    差出人メールアドレスと同じメールアドレスでカゴ落ちをした場合は迷惑メールフォルダーに振り分けられている場合があります。

まずは無料カゴ落ち解析で
自社サイトのカゴ落ち状況を確認しませんか

無料カゴ落ち解析をはじめる

まずは機会損失シミュレーション

カゴ落ちメール+カゴ落ちリマーケティング広告を最大2ヶ月間無料でお試しできる

無料トライアルはこちら

サービスに関するご質問は、お気軽にお問い合わせください

ビジネスパートナー制度についてのお問合せはこちら